スザンナ・シュペーマン/ウィーン・プライナー音楽院教授/ピアノ公開レッスン

国: 日本国 都市: 東京都 , オーストリア共和国 都市: ウィーン・ウィーン

ウィーン・プライナー音楽院シュペーマン教授の特別ピアノレッスン(2008年9月23日(祝・火)-9月24日(水)に東京で開講) 緊急!好評により9月26日も開講!

スザンナ・シュペーマン教授の留学のための特別ピアノレッスン(東京)
2008年9月23日(祝・火)〜25日(水)-東京
*一日1-3レッスン程度のみの受付です。


ウィーン・プライナー音楽院
シュペーマン教授が特別指導

若手ピアニストを後押しする連盟「ウィーン・ヤング・ピアニスト」の会長として、青少年育成に定評ある教授が、才能を伸ばす。

■2006年4月・9月、2007年4月・9月の公開レッスンで「感動」の声続出のため2008年9月に再度来日予定!■


素晴らしい指導者のレッスンが日本で受講可能です。

ウィーン・ブライナー音楽院の教授として教鞭をとるだけでなく、ウィーンを本拠地とした若手ピアニストのための組織「ウィーン・ヤング・ピアニスト」の会長として、青少年を対象とした音楽フェスティバルや国際的なマスタークラスなどを開催し、積極的な活動を続けている。モーツァルテウム音楽院でピアノ教授法を習得し、青少年を相手にした豊富な指導経験を持つ彼女のレッスンの上手さは、世界的に知られており、ヨーロッパやアメリカ、台湾、そして日本からも、マスタークラスでの講義の依頼が後を絶たない。


特に、才能を秘めた生徒には、特別に時間を割いてプライベートスタジオでのレッスンを行なうなど、並々ならぬ情熱を注いでしまうというのも、彼女の熱心さの表れだ。

生徒の中から、オーストリア国内や、国際的なコンクールの入賞者が多数出ているのも当然といえる。また、彼女自身も、オーストリアのコンクールで審査員を 務めているので、審査基準をクリアし、上位入賞を狙った指導も行なってくれるはずだ。子供に才能がありそうなら、一度、レッスンしてもらってはどうだろ う。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-3278-3450

さらに読む

■国/都市■
日本国 / 東京都 , オーストリア共和国 / ウィーン・ウィーン

■ここで、大ニュース!

そんなシュペーマン教授が大変うれしいことに、2007年9月に再来日(予定)します。アンドビジョンでは、この機会に特別ピアノレッスン(プライベート)を開講。日程は2008年9月23日〜24日(限定日)で、各日1-3名の限定人数の方だけが教授から直接指導を受けられます(聴講もあります)。

ウィーンにピアノ留学を考えている方はもちろん、アメリカやドイツ、スイスなど海外の留学を考えている方も教授のレッスンは必ず役に立ちます。留学先を決定する上で、海外の教授のレッスンは一つの目安になることでしょう。


シュペーマン教授は喜んで日本のみなさんと様々な音楽を共有したいと願っています。特別にレベルや年齢を問わずどなたでもレッスンを受講していただけま す。ウィーンでは、シュペーマン教授がプライナー音楽院等の受け持ち学生以外にレッスンする時間はほとんどないため、教授のレッスンを受講できる滅多にない チャンスです。ぜひこの機会をお見逃しないように!


ピアノコンクールやオーディションのチェック、レベルアップなどのためにレッスンをみてもらうことも大歓迎です!
\"プライナー音楽院教授特別ピアノレッスン\"

レッスンはちょっとまだ......という方は、聴講も可能です。自分で演奏するだけでなく、他の人のレッスンを見ることで、学べることは非常に数多くあります。事実、ヨーロッパでは多くの学生が聴講を通して勉強しています。他の多くの方の演奏を聴けるチャンスでもあり、いろいろな方のレッスンを通して、教授の教え方もより理解できることでしょう。ピアノ以外の楽器の方も海外の授業の雰囲気を味わえますのでお気軽にご参加ください。レッスンルームの都合上、限定人数です。先着順となりますので、迷わず、お早めにお申し込みを。今がチャンスをつかむときです!

ウィーンにピアノ留学を考えている方はもちろん、ご自分でピアノ指導をなさっている方や、お子様の将来の進路を考える上でも海外の教授のレッスンは一つの目安になることでしょう。

教授法を知り尽くしたシュペーマン教授だからこそわかる、本人の隠れた才能。教え方のポイントが日本とどのように違うのかを肌で感じるのも、今後、留学やプロを目指している方は大きなポイントとなることえでしょう。また、日本では満足できない方も、留学するべきかを考えるいいきっかけになります。

■ 受講者・聴講者の声 一部抜粋 ■

■レッスン受講生(J・Sさん)
楽しかったです。自分では発見できない事、現在の先生とは発見できない部分を教えて頂けました。一人では煮詰まっていた所もあってまだまだ掘り下げていってみたいと思いました。本当に今までとは違う刺激を受けれて嬉しかったです。又、もっと成長して先生にお会いしたいです。ドイツ語も話してみたくなってしまいました。ありがとうございました。

(編集注)シュペーマン先生がプライナー音楽院に来ないかと学生さんに話をしています。そんなこともあるんです。

■レッスン受講生(K・Mさん)
始めての経験ですごく自分のためになりました。初心者のボクにていねいに教えて下さり、大変感謝してます。またみてもらいたいです。

■レッスン受講生(A・Oさん)
最初は少し緊張しましたが、とても楽しかったです。スザンナ先生は小節ごとに細かく丁寧に教えて下さって、曲のイメージなども具体的で分かりやすかったし、私に必要な練習方法があるということで楽譜をコピーさせて頂きました。
またこういう機会があればぜひ参加したいと思います。どうもありがとうございました。これからも一生懸命頑張ります。

■レッスン受講生(H・Kさん)
「うたう曲であることから始める」という指示がよかった。ドイツの作曲家であるということからなのか何か違う感性があると思った。ペダルの表記が楽譜にはないがペダルを使うことで曲の表現に幅ができるのがわかってよかった。とくに、ペダルのタイミングを丁寧に教えてくれて参考になりました。手の動き、打鍵による音の違いが分かってよかった。

■レッスン受講生(H・Hさん)
今回は自分自身の練習不足が悔しかったです。ドイツものなので全ての音をしっかり弾こうとしてしまっていましたが、やはり大事な音や声部をきちんと弾きわけないと立体的な音楽にはならないということを改めて思い、それはどの時代でも大切なことだとわかりました。次回は、もっと勉強してもっと深いところを学べたらと思います。ありがとうございました。

■ レッスンの詳細 ■

【募集期間&定員】 先着順(各日1-3名まで)
【料金】 (1)レッスン受講者
1日コース(レッスン1回)
Aコース(60分):32,000円(税込み)
Bコース(90分):46,000円(税込み)
Cコース(120分):60,000円(税込み)

2日コース(レッスン2回)
Aコース(60分):60,000円(税込み)
Bコース(90分):89,000円(税込み)
Cコース(120分):115,000円(税込み)

(2)レッスン聴講
2,100円(税込み)
含:聴講料、留学セミナー費
*聴講は一日中可能です。
【曲目】 自由曲(講師用の楽譜を送付していただきます)
【日程】 ■2008年9月23日(祝・火)10:30時〜20時(レッスン時間選択制)東京
■2008年9月24日(水)10:30時〜20時(レッスン時間選択制)東京
■2008年9月26日(金)9:30時〜19時(レッスン時間選択制)
緊急開講受付中
【場所】 東京(お申し込み時にお知らせします)
【締め切り】 レッスン、聴講共に定員になり次第終了

*当日は留学セミナーを行います。
*ウィーン国立音楽大学教授のスーパーレッスンも同日程でありますので、特にウィーンを目指している方は、それぞれの教授にレッスンを受けてみることをお勧めいたします。


ウィーン留学を考えている方は、日本にいたままウィーン留学のトライアルとなります。ウィーン流レッスンを習って、ウィーン留学の可能性を考えてください。

プライナー音楽院に留学したい方も、先生と相性をチェックするチャンス!

考えるだけでは、夢の扉は開きません。行動あるのみです。この機会をお見逃しなく!


■料金に含むもの■
プライベートレッスン(1回 60分-週3回) 、ピアノ付き練習室(週20時間)、宿泊手配料、フラットシェア宿泊費(シングルルーム)、フラット水道光熱費、往復空港送迎費、海外国際送金手数料、海外国際送金銀行受取手数料、出発前サポートサービス費、現地滞在中サポートサービス費(電話のみ)
■料金に含まないものの一部を明示■
航空運賃、食費、日本語通訳費、海外旅行傷害保険費、市内移動費、電話代、自由行動中の一切の個人的費用など

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-3278-3450
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

音楽留学・音楽講習・語学留学をアンドビジョンがサポート!公開レッスンも開催!

平日 10:00-20:00 土曜 10:00-15:00 祝日 10:00-15:00(3~7月)

03-3278-3450

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター