<募集中> コンスタンティン セミリャコフス/オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授/ピアノ公開レッスン

国: 日本国 都市: 東京都・東京

若くして名門校の教授職の座を射止めた、才能あふれるピアニスト・ウィーン国立音楽大学教授セミリャコフス教授のピアノ公開レッスン/2019年12月20日(金)〜23日(月)東京・御茶ノ水で開講※大変好評のため追加開催が決定いたしました!

ウィーン国立音楽大学コンスタンティン・セミリャコフス教授の特別ピアノ公開レッスン2019年12月20日(金)〜23日(月)--東京・御茶ノ水演奏活動や教育に加え、音が色に見えるなどの共感覚現象や、音楽家の超自然的な勘についての研究も行っている教授に、まだ知らない「音」の世界を教わろう。

バルト海沿岸のラトビアの首都・リガで生まれたたコンスタンティン・セミリャコフス。13歳で家族とともにドイツに移住し、高校を卒業すると、ニュルンベルク音楽大学にて、ヴォルフガング・マンツ教授にピアノを、ウルリッヒ・ヘンチ教授に音楽教育学を学びました。その後、パリのエコール・ノルマル音楽院に留学し、マイケル・ウラドコウスキーに師事。その才能に磨きをかけると、ポルトガルのポルトで開催された国際ピアノコンクールで優勝し、世界にその実力を知らしめました。ニュルンベルク交響楽団とベートーヴェンの合唱ファンタジーでデビューすると、様々な音楽祭でリサイタルや室内楽コンサートに出演。その演奏は、耳の肥えた批評家をして「今日、この年代でこんなに素晴らしい演奏をする若きピアニストはなかなかいない」と言わしめるほど。教育者としても、ニュルンベルク音楽大学、モーツァルテウム音楽大学を経てウィーン国立音楽大学の教授職に就任、後進の指導に当たっています。また、セミリャコフス氏は、20世紀前半のクラシック音楽における共感覚現象(音が色に見えるなど)の研究者でもあります。ピアノのレッスンを受けながら、音楽における超自然的な感覚と、それを音楽家がどう認識しているかなど、興味深い話を聴くこともできるかもしれません。
※教授は全時代のレッスンが可能です(バロック、古典派、ロマン派、印象派、現代など)。ウィーン国立音楽大学でも同様に全時代を教授しています。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500

詳細を読む

■国/都市■
日本国 / 東京都・東京

■ここで、緊急告知!■

大変好評の為、12月20日(金)〜23日(月)の開催が決定いたしました!
詳細についてはお問合せください!

ウィーン国立音楽大学コンスタンティン・セミリャコフス教授の特別ピアノ公開レッスンが、2019年12月21日(土)〜22日(日)にアンドビジョン・インターナショナル・ミュージック・スクール(東京・御茶ノ水)で開催決定!2日限定で開講となり、各日6名〜8名の限定人数だけが留学することなしに、コンスタンティン・セミリャコフス教授の直接指導を受けられます(聴講もあり)ヨーロッパにピアノ留学を考えている方は、留学への足がかりを掴むことができます。留学先を決定する上で、ウィーン国立音楽大学教授のレッスンは一つの目安になることでしょう。教授は喜んで日本のみなさんと様々な音楽を共有したいと願っています。特別にレベルや年齢を問わずどなたでもレッスンを受講していただけま す。 特に「オーストリア・ウィーン留学を考えている方」、「コンクール」「オーディション」の準備、「レベルアップ」「純粋に音楽が好きな方」などには最適でしょう!ぜひこの機会をお見逃しないように!

レッスンはちょっとまだ......という方は、聴講も可能です。自分で演奏するだけでなく、他の人のレッスンを見ることで、学べることは非常に 数多くあります。事実、ヨーロッパでは多くの学生が聴講を通して勉強しています。他の多くの方の演奏を聴けるチャンスでもあり、いろいろな方のレッスンを 通して、先生の教え方もより理解できることでしょう。ピアノ以外の楽器の方も海外の授業の雰囲気を味わえますのでお気軽にご参加ください。レッスンルーム の都合上、限定人数です。先着順となりますので、迷わず、お早めにお申し込みを。今がチャンスをつかむときです!海外の教授の教え方は日本とは全く異なります。特に「音楽をもっと楽しむ、表現する」という主眼が強いので教えるポイントも学生によって千差万別です。教 え方のポイントが日本とどのように違うのかを肌で感じるのも、今後、留学やプロを目指している方は大きなポイントではないですか?日本では満足できない方 も、留学を考えるいいきっかけになることでしょう。

オーストリア、その他ヨーロッパ留学を考えている方は、日本にいたまま留学のトライアルとなります。ヨーロッパへの留学の可能性を考えてください。

日本にいながら、海外の先生に会えるのはなかなかない大チャンスです!
考えるだけでは、夢の扉は開きません。行動あるのみです。この機会をお見逃しなく!
プロを目指す方は演奏を与えられるチャンスがあります。履歴書に演奏の履歴を書くこともできるのでチャンスは掴んでください。

※前回2019年2月21日は情報公開から数日で満席となりました。今回はチャンスを掴むためにも、ぜひお早めにご検討くださいませ!
■受講生・聴講生のの声(一部抜粋)2019年2月21日開催参加者様より■

■レッスン受講生(S.Mさん)
先生の演奏を動画で見て感動したので、受講を決めました。
レッスンにはとても刺激を受け、細かく指導して頂けました。

■レッスン受講生(E.Aさん)
自分の演奏にアドバイスを頂きたかったのと、先生の演奏動画を見て、セミリャコフス先生のレッスンを受講したいと思い決めました。
初めは緊張していましたが、とても丁寧に時にはユーモアを交えながら分かりやすく教えてくださり、良かったです。
音楽の作り方、曲への取り組み方の大きなヒントもいただきました。目の前の霧が晴れたように感じます。
レッスンを受けられて本当に良かったです!!

■レッスン聴講生(M.Hさん)
様々な先生のレッスンを聴講し、自分の演奏に活かしていきたいので聴講参加しました。
普段、他の人のレッスンを聴く機会は余りないので気付くことが多く、勉強になりました。

■レッスン聴講生(A.Eさん)
娘が受講しました。今後、ドイツ・オーストリアの留学を考えていたので興味がありました。
レッスンは細かい点まで丁寧にレッスンして下さり、わかりやすかったですし、曲へのアプローチの仕方も
大変勉強になりました。

■レッスン聴講生(A.Yさん)
友人に誘われて参加しました。受講曲目に興味があったのと、海外の先生のレッスンを聴いてみたかったので、
聴講に参加しました。曲のイメージが広がり、聞いてかったです。楽しいレッスンでした。

■レッスン聴講生(R.Iさん)
ヨーロッパでの夏期講習会参加を考えているのと、本場の外国人の先生のレッスンを見たいと思い聴講で参加しました。
レッスンではペダルのテクニックや音と色について勉強になりました。
歌い方など自分で曲を弾く際にも取り入れたいと思いました。

 
■ レッスンの詳細 ■

【日程】2019年12月20日(金)〜12月23日(月)
    ※12月20日(金)のみ受付中(10月2日現在)
    ※12月21日(土)~23日(月)は満席となりました。
【場所】アンドビジョン・インターナショナル・ミュージック・スクール(AIMS・東京/御茶ノ水)
【曲目】自由曲
【募集期間・定員】 各日6〜8名(先着順)


■受講資格■
熱心なら年齢やレベルを問わずどなたでも受講可能です。
■料金■
▼受講
▽2日コース(レッスン2回)
Aコース(120分):120,000円
Bコース(90分):90,000円
Cコース(60分):60,000円

▽1日コース(レッスン1回)
Aコース(120分):60,000円
Bコース(90分):45,000円
Cコース(60分):30,000円

▼聴講
1日聴講券:2,000円
■料金に含むもの■
▼受講
プライベートレッスン費、聴講費、カウンセリング費、セミナー費、修了証明書、通訳費、施設利用費

▼聴講
聴講費、カウンセリング費、セミナー費
■料金に含まないものの一部を明示■
消費税、自由行動中の一切の個人的費用など
■料金・日程補足■
●消費税が別途必要です。
●お申込順に予約時間の確保が可能ですので、お早めのお申込をお勧めいたします。
●事前にレッスン時間の調整をさせていただくことがあります。
■申込締切日■
第一次締切:2019年11月15日 第二次締切:2019年12月15日 第三次締切:定員まで
●申込締切日以前でも、定員になり次第締め切らせていただきます。
●申込締切日以降でも、コースに空きがある場合は申込み可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。

■注意事項■
●曲目は3週間前までにお知らせください。また、講師用の楽譜をレッスン当日ご持参ください(コピー可)。
●レッスン受講生は、お友達やご家族の聴講をご招待いたします。
●聴講は一日中可能です。
電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?

音楽留学・音楽講習・語学留学をアンドビジョンがサポート!公開レッスンも開催!

月~金 10:00~19:30 土日 10:00~16:00
休日 祝日(土日は営業しています)

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター