パスポートの取り方

パスポートの取り方海外に行くには、何はともあれパスポートがないと始まらない。パスポートを取得するには、まず、決められた書類(戸籍謄本または戸籍抄本1通、住民票の写 し1通、自分の写真1枚、申請者本人の確認ができる書類など)を揃え、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口に持って行く。そして、窓口に用意 してある申込書(一般旅券発給申請書)に記入し、揃えた書類と一緒に提出。その後一週間ほどでパスポートが交付されるので、同じ窓口に本人が取りに行く。 受け取りの際には11,000円~16,000円の手数料が必要。申請は、本人に代わって旅行会社や留学を手配した会社がやってくれることもあるので頼ん でもよい。

参考:外務省「パスポート」のページ

お金の持って行き方

お金は現地の通貨に両替えする必要がある。アメリカに行くならドルに、ヨーロッパの国に行くならユーロに両替えしないといけないわけだ。この両替えは日本 国内の銀行の外国為替カウンターでやってもらえる。ほかにも、空港にある両替えの窓口や、渡航先の現地の銀行でも両替えできる。

現金を両替えして持って行く以外に、トラベラーズチェックを持って行く方法もある。トラベラーズチェックは現金と同じように使える旅行者用の小切手で、紛 失したり、盗まれたりした場合でも再発行してもらえるのがメリットだ。日本国内の銀行の外国為替カウンターで、渡航先の通貨に応じたトラベラーズチェック が売られている。

また、クレジットカードがあると支払いにとても便利だ。VISA、マスター、アメックス、JCBなどのマークが入ったカードなら、世界中ほとんどどこでも使える。

最後に、日本の銀行に日本円をいれておけば、現地のATMで引き出せるサービスもあるので便利だ。使用しなくてもいざという時のために一枚持っているのもいいだろう。
Cash Passport

持ち物の準備

海外旅行の場合、国内旅行と比べると持って行く物はかなり多くなると思っていい。
しかもそれらを、スーツケースや鞄にきっちりと収納しなければならないので、必要十分なものをよく選んで持って行きたい。参考までに、持って行くのを忘れやすい必需品と、持って行くと便利な物を下に挙げてみた。

忘れやすい必需品
雨具: 外国でだって、いつ雨に降られるか分からない。傘や雨ガッパを、いつでも取り出せるところに入れておこう。
洗面用具:ホテルに常備されていない場合もある。タオルも2、3枚持っていくとよい。
医薬品:体調を崩した時には、普段飲み慣れている薬がいちばん。
変圧器:海外の電気のコンセントは日本と電圧が違うので、日本の電気製品を使う時には変圧器が必要。ドライヤーはたいていのホテルにあるが、自分のものを持って行く場合は変圧器も忘れずに。
パスポートのコピー、戸籍謄本、パスポート用写真など:現地でパスポートを紛失した際、これがないと日本に戻れなくなる。
クレジットカードやトラベラーズチェックの番号の控え:紛失したり盗難された際に必要。

持って行くと便利な物
洗濯用品:下着やハンカチなどをホテルで洗濯すると、その分荷物を少なくできる。少量の洗剤と物干ロープ、洗濯バサミなどがあると便利。
缶切り・栓抜き:現地で缶詰や飲み物を買った時に、意外となくて困るのがコレ。
アイマスク・耳栓:飛行機の中でぐっすり眠りたい方に。
海外携帯電話:普段使っている携帯電話は国内でしか使えない。海外で携帯を使うには、専用の携帯機をレンタルするか、今使っている携帯の会社に問い合わせて、海外でも使えるように設定を切り替えてもらうとよい。ただし料金は国内通話より相当割高になる。
日本の味:インスタントの味噌汁や日本茶、梅干しなどがかさばらなくてよい。

* 注意事項
服装:朝晩と昼の気温差が大きい所では、羽織るものがあると良いでしょう。また、コンクール本番でのドレスコードを確認しておきましょう。スリに目をつけられる可能性がありますので、普段のおしゃれは必要ありません。
スリ対策:海外では日本より犯罪率が高く、日本人を狙うスリがいます。現金は最小限にとどめ、外ポケットやポシェットに入れないように。財布にはチェーンをして、貴重品は極力持ち歩かないでください。
周囲への気の配り方:カバンやスーツケースにはいつも注意し、気を抜かないことです。必要以上に単独で出歩いたり観光したりしない方が良いでしょう。よく言われる、現地人化する、というのは地味で目立たないということです。

楽器の持って行き方

飛行機に乗る際、大切な楽器は、機内持ち込み手荷物として自分の手で持って行きたい。ただし、機内に持ち込める荷物には大きさの制限がある。座席の上にあ る収納キャビネットの中に入るサイズか、座席の下に収まるサイズでないとダメ。だから、チェロなどの大型楽器を持ち込むのは難しい。こういう場合は、楽器 のためにお金を払って座席を一人分用意することになる。大型楽器は現地でレンタルした方が、お金の面では得だ。

音楽留学・音楽講習・語学留学をアンドビジョンがサポート!公開レッスンも開催!

平日 10:00-20:00 土曜 10:00-15:00 祝日 10:00-15:00(3~7月)

03-3278-3450

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター