夏期講習会 講習会

ブリティッシュアイルミュージックフェスティバル

都市: ゴダルミング

毎日行われる公式・非公式コンサートで、イギリスで貴重な演奏経験を積もう!

音高生、音大生、デビューしたばかりのプロなどを対象に開かれるハイレベルなマスタークラスで、経験と知識を深める集中的な10日間。
2022年8月5日〜8月14日
イギリス郊外で開催される「ブリティッシュアイルミュージックフェスティバル」は、才能ある若き音楽家のためのマスタークラスです。参加資格は18歳以上32歳以下。音高生、音大生、音大卒業生または同等レベルの方などを対象としているハイレベルな講習会で、世界中から才能豊かな若手音楽家が集結します。この講習会では、若い音楽家に貴重な演奏経験を積ませることと、ソロや室内楽の知識を広げることを目的とし、高い水準で集中的な講義が行われます。講師を務めるのは、英国をはじめ、ヨーロッパ各地から集まるトップレベルの演奏家や教授。個人レッスンのほか、クラス単位での授業がぎっしり詰まったカリキュラムを提供します。受講者が自由選択したレパートリーに対し、講師から曲の解釈や分析、技術的なアドバイスを受けることができます。そして、この講習会の大きな特長は、何といっても演奏機会の多さ。毎日3〜4回程度開催されるコンサートは、例えば、非公式の13時のランチタイムコンサートと16時のバロックコンサート、一般公開される18時のデュオコンサートと20時の室内楽コンサートなどと、それぞれ特色の異なるステージが用意されています。それぞれのコンサート出演前には、芸術監督とレパートリーについてのディスカッションが行われ、アドバイスを受けつつ、十分な準備をすることができますので、演奏経験を積みたい方にはこれ以上ないチャンスと言えます。また、世界中から集まる受講生の演奏を聴くことや、彼らとの共同作業は、受講生にとって大きな刺激となることでしょう。ヨーロッパ各地の著名教授が多数参加しますので、長期留学を視野に入れている方には、教授とのコネクションを持つ絶好の機会にもなります。
資料請求
簡単入力!「お客様毎」に厳選して異なる音楽留学の資料を無料で送付!
オススメカウンセリング予約
不安な事や分からない事はありませんか?
あなたの⽴場になってサポートします。
\ お決まりの方はコチラから /

■講習会開催期間■

2022年8月5日〜8月14日

■講習会開催科目■

フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴット、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ハープ、ピアノ、チェンバロ、声楽、室内楽

■レッスン回数■

一般的に毎日一回のレッスンとなります。
※ソロと室内楽のレッスンとなります。

■オーディション■

なし
※室内楽を組む参考として音源が必要な場合があります。

■講習会会場■

チャーターハウス・スクール

■講習会スケジュール■

レッスンなどの詳細スケジュールは現地到着後、講習会から配布されます。

<一般的なスケジュール例>
1日目:日本発 ロンドン着 車でチャーター・ハウスへ 講習開始
2日目:レッスン開始

9日目:一般的に修了コンサート レッスン終了
10日目:講習終了 車で空港へ 現地発
11日目:日本着
※フライトスケジュールによりますが、1日目の前日はロンドンに宿泊することをお勧めいたします(別途宿泊費)

■曲目・曲数■

ソロ:自由曲
室内楽:曲目を提出し、事務局と打ち合わせの上、曲目を決定します。コンサート曲目になります。

■練習室■

あり

■演奏会の機会■

非常に多くの演奏の機会がありますので全参加者の出演を予定しています(ソロや室内楽コンサートとなります)。出演の最終的な判断は教授が行います。

■宿泊先■

学生寮。食事付き(朝・昼・夕)
※一般的にシングルルームとなります(申込時期などによりルームタイプが異なる場合があります。)

■宿泊期間■

チェックイン:講習開始日
チェックアウト:講習終了日
※フライトスケジュールによりますが、1日目の前日はロンドンに宿泊することをお勧めいたします(別途宿泊費)

■日本語通訳・現地サポート■

▽現地サポート
ロンドン提携会社による現地サポート付き
※オフィス時間外は、24時間の電話サポート付きです。
※ロンドンオフィスにお立ち寄りいただくことも可能です。

▽レッスン時の日本語通訳
原則手配不可となります。

■空港送迎■

往復空港送迎付き(ロンドン)

■教授陣■

▽フルート
スーザン・ミラン
(イギリス・英国王立音楽大学教授、イギリス・トリニティ・ラバン・コンセルヴァトワール大学教授、イギリス・英国ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団元首席)

ニーナ・ロバートソン
(イギリス・フルート奏者)

▽オーボエ
オリヴィエ・スタンキエーヴィチ
(イギリス・英国王立音楽大学教授、イギリス・ロンドン交響楽団首席)

▽クラリネット
マルク・ファン・デ・ヴィール
(イギリス・英国王立音楽院教授、イギリス・フィルハーモニア管弦楽団首席)

▽ホルン
ティモシー・ジョーンズ
(イギリス・英国王立音楽大学教授、イギリス・ロンドン交響楽団首席)

▽ファゴット
マーティン・ガット
(イギリス・英国王立音楽大学教授、イギリス・ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団元首席)

▽ヴァイオリン
フィリップ・オノレ
(イギリス・英国王立音楽院教授、イギリス・フィルハーモニア管弦楽団元首席)

イゴール・ケラー
(スイス・ザンクト・ガレン交響楽団コンサートマスター)

▽ヴィオラ
井上祐子
(イギリス・英国王立音楽院教授)

▽チェロ
ジョセフィーネ・ナイト
(イギリス・英国王立音楽院教授)

▽ピアノ
イアン・ブラウン
(イギリス・英国王立音楽院教授)

▽ハープ
ガブリエッラ・ダロリオ
(イギリス・トリニティ・ラバン・コンセルヴァトワール大学教授)

▽チェンバロ
ロバート・コスティン
(イギリス・アーディングリーカレッジ元音楽監督、チェンバロ/オルガン奏者)

▽声楽
マルティン ブルーンス
(’ドイツ・ハンスアイスラー音楽大学教授)

■受講資格■

18~32歳
※上記年齢以外の方は、アンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。

■料金■

433,660円 (440,460円税込)

■料金に含むもの■

講習会費(受講料、聴講料、練習室、必要な場合の伴奏費、選抜者コンサート出演参加費、コンサート鑑賞費、修了証明書など)、現地宿泊手配費、学生寮宿泊費、食費(朝・昼・夕)、空港送迎費、現地滞在中サポートサービス費、海外国際送金手数料、海外国際送金銀行受取手数料、出発前サポートサービス費、セット割引

■料金に含まないものの一部を明示■

航空運賃、日本語通訳費、海外旅行傷害保険費、市内移動費、電話代、自由行動中の一切の個人的費用など

■料金・日程補足■

●任意に設定した期間でも受講可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
●新型コロナ感染症の現地状況により、オンラインレッスンで開講される場合があります。開講される場合は、宿泊費等を除いた費用でのご請求となりますので予めご了承ください。キャンセル規定は約款に準じます。
●条件によって一部の項目で、別途、消費税が必要となります。

■申込締切日■

第1次締切:2022年4月15日 第2次締切:2022年5月1日 第3次締切:定員になるまで
●申込締切日以前でも、定員になり次第締め切らせていただきます。
●申込締切日以降でも、コースに空きがある場合は申込み可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。

■注意事項■

※付き添いの方がいる場合は、宿泊費など別途料金が必要となります。付き添いの方の聴講費は、受講者の年齢により料金が変わる事があります。
※未成年の場合、一般的に付き添いが必要となりますがご相談ください。
※先生などが引率するグループの場合は、ご相談ください。
※別途、無料で現地語学学校(提携校)のお手配が可能です。
※別途、プライベートレッスンまたはグループレッスンの手配が可能です。
※楽器の有料貸し出しは、アンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
※上記の他、何でもお気軽にアンドビジョンカウンセラーまでお問合せください。
※この情報は、2021年09月01日現在です。当該年度や現地の都合によって情報が変更しますので、最新の情報はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
資料請求
簡単入力!「お客様毎」に厳選して異なる音楽留学の資料を無料で送付!
オススメカウンセリング予約
不安な事や分からない事はありませんか?
あなたの⽴場になってサポートします。
電話での資料請求、カウンセリングも可能です。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
\ お決まりの方はコチラから /
戻る