入試直前!カール・バート/ウィーン市立芸術音楽私立大学教授/ピアノ公開レッスン

国: 日本国 都市: 東京都・東京

ウィーン市立芸術音楽私立大学ピアノ科カール・バート教授の特別ピアノレッスン 2017年2月7日(火)〜8日(水)

コンサートピアニストとして世界的に活躍し、コンクールの審査員も務めるウィーン市立芸術音楽私立大学教授が、プロへの道を教える。2017年2月の受験直前レッスンにも最適です。

カール・バート教授は、世界トップレベルのクラシック音楽教育で知られるウィーン市立芸術音楽私立大学(旧ウィーンコンセルヴァトリウム私立音楽大学)で、ヘレーネ・セド・シュタッドラーに師事した。音楽院を優秀な成績で卒業した後、コンサートピアニストとして活躍し、ソリストとして、また伴奏者として、ヨーロッパやアジアの各地で数多くのステージに登ってきた。もちろん、彼の舞台はライブパフォーマンスだけではない。CDやDVDなどのレコーディングも多く、ラジオやテレビといったマスメディアにも登場している。レパートリーは幅広く、現代音楽の室内楽にも取り組んでいるほか、保守的なイメージのあるウィーンのピアニストとしては意外かもしれないが、フリー・インプロヴィゼーションや映画音楽なども手掛けている。
現在、ウィーン市立芸術音楽私立大学ピアノ科教授を務めている彼は、同音楽大学のピアノに関する教育方針や、重要な決定に直接関わる有力者だ。また、ウィーン市がバックアップする伝統ある夏期講習会「ウィーン国際音楽ゼミナール」や、ベーゼンドルファー社主催のマスタークラスなどでも教えている。重要なポストにある彼は、様々なピアノコンクールの審査員も務めている。ウィーンを目指す方には的確な指導が期待できると言えよう。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-3278-3450

さらに読む

■国/都市■
日本国 / 東京都・東京

■ここで、大ニュース!
以前より、カール・バート教授のレッスンを受けたいという声が大きく、多くの方がウィーンでのプライベートレッスンやウィーンでの講習会にご参加いただき、また、大学などでも先生に師事されました。現地のピアニストやアンドビジョンのお客様に聞いてもレッスンの評判が大変良く、人柄も大変思いやりのある素晴らしい先生です。そのため、先生にずっと来日をお願いしておりましたが、ようやくカール・バート教授が2017年2月7日(火)〜8日(水)に来日が確定されました!アンドビジョンでは、この機会を利用して、東京にて特別ピアノ公開レッスンを開講することに決定しました!2017年ウィーン市立芸術音楽私立大学の受験直前ということもあり、非常に効果が期待できるためお早めのお申込をお勧めいたします。

日程:2017年2月7日(火)〜8日(水)

各日6〜8名の限定人数の方限定で教授から直接指導を受けられます(聴講もあります)。
※通訳も大変素晴らしい人柄の音楽家です。通訳のファンになってしまう方も多く、安心してレッスンの受講が可能です。

ウィーンにピアノ留学を考えている方はもちろん、アメリカやドイツ、フランス、スイスなど海外の留学を考えている方も教授のレッスンは必ず役に立ちます。留学先を決定する上で、海外の教授のレッスンは一つの目安になることでしょう。

気さくなカール・バート教授は、ウィーンあるいはヨーロッパの音楽を伝えるべく日本のみなさんと様々な音楽を共有したいと願っています。特別にレベルや年齢を問わずどなたでもレッスンを受講していただけます。アマチュアからプロの方まで、子供から大人までふるってご参加ください。

カール・バート教授のレッスンをウィーンに行かずに受講できるまたとないチャンスです。ぜひこの機会をお見逃しないように!

「留学の事前準備」はもとより、「ピアノコンクール」、「オーディション」、「技術のレベルアップ」。「音楽性の向上」など今、問題を抱えている多くの問題を解決してくれるレッスンです!

レッスンはちょっとまだ......という方は、聴講も可能です(※次回の来日は未定です)。自分で演奏するだけでなく、他の人のレッスンを見ることで、学べることは非常に数多くあ ります。事実、ヨーロッパでは多くの学生が聴講を通して勉強しています。他の多くの方の演奏を聴けるチャンスでもあり、いろいろな方のレッスンを通して、 教授の教え方もより理解できることでしょう。ピアノ以外の楽器の方も海外の授業の雰囲気を味わえますのでお気軽にご参加ください。レッスンスタジオの都合 上、限定人数です。先着順となりますので、迷わず、お早めにお申し込みを。今がチャンスをつかむときです!

音楽の都ウィーンで最高レベルの音楽大学、ウィーン市立芸術音楽私立大学の教授であり、世界をまたにかけたコンサートピアニストの指導を受ければ、目からうろこがおちるのも請け合い。

海外の教授の教え方は日本とは全く異なります。特に「音楽をもっと楽しむ、表現する」という主眼が強いので教えるポイントも学生によって千差万別です。教え方のポイントが日本とどのように違うのかを肌で感じるのも、今後、留学やプロを目指している方は大きなポイントではないですか?日本では満足できない方も、留学を考えるいいきっかけになることでしょう。もちろんご留学を考えていない方の受講も大歓迎です!

■ 受講者・聴講者の声 2012年2月 一部抜粋 ■
●レッスン受講生(F・Mさん)
とても充実したレッスンができてとても勉強になりました。指のテクニックや力の抜き方がだいぶ取得できてきたので、今日のを参考に練習しようと思います。

●レッスン受講生(M・Eさん)
とても優しく素敵な印象の先生でした。自分のテクニック不足を改めて実感し、基礎をもっと固めなければだめだなぁと思いました。先生のこうしたいという意見に、自分の意見をもっとぶつけたらよかったと反省しています。たった60分のレッスンだったのでリベンジも含めてまた挑戦したいです。レッスンを受けさせていただき、ありがとうございました。

●レッスン受講生(E・Wさん)
丁寧に指導していただきとても勉強になりました。一時間ではもったいないもっと長くみて頂きたかったと思う位あっという間でした。

■ レッスン参加者の声(一部抜粋)2016年2月参加者様より ■

■レッスン受講生(M.Nさん)
以前にも先生のレッスンを受けましたが、今回は前回より準備が出来た上で、
自分の中で不透明な点をレッスンして頂けてとてもよかったです。
また、海外の講習会やセミナーに行きたい。留学したいという気持ちが戻ってきました。

■レッスン受講生(E.Sさん)
1台のピアノでのレッスンはなかなか難しいかと思いましたが、
逆に先生の息づかいを感じられて、言葉を発せられる前に、どのように演奏したらよいかを感じ取ることが出来ました。
私の癖をすぐに指摘頂けて本当に勉強になりました。

■レッスン受講生(R.Iさん)
先生がとても丁寧に教えて下さり、本当に受けられて光栄でした。ありがとうございました。

■レッスン聴講生(K.Sさん)
生で本場の先生のレッスンを見学できて、とても勉強になりました。
受講生の方はとてもいい演奏をしていましたが、先生のアドバイスにより、
音が美しく表情豊かに変わっていったのも素晴らしいかったです。

■ レッスンの詳細 ■
【募集期間&定員】 先着順6〜8名(各日)
【場所】東京
【曲目】自由曲
【日程】
2017年2月7日(火)10:00〜19:00
2017年2月8日(水)10:00〜19:00


■受講資格■
熱心なら年齢やレベルを問わずどなたでも受講可能です。
■料金■
(1)レッスン受講者
◎2日コース(レッスン2回)
Aコース(120分):120,000円
Bコース(90分):90,000円
Cコース(60分):60,000円

◎1日コース(レッスン1回)
Aコース(120分):60,000円
Bコース(90分):45,000円
Cコース(60分):30,000円

(2)レッスン聴講
1日聴講券:2,000円
■料金に含むもの■
プライベートレッスン費、聴講料、留学セミナー&カウンセリング費、通訳費、施設費
■料金に含まないものの一部を明示■
消費税、自由行動中の一切の個人的費用など
■料金・日程補足■
●消費税が別途必要です。
●お申込順に予約時間の確保が可能ですので、お早めのお申込をお勧めいたします。
●事前にレッスン時間の調整をさせていただくことがあります。
■申込締切日■
定員になり次第募集を終了いたします。
●申込締切日以前でも、定員になり次第締め切らせていただきます。 ●申込締切日以降でも、コースに空きがある場合は申込み可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。

■注意事項■
●曲目は2週間前までにお知らせください。また、講師用の楽譜をレッスン当日ご持参ください(コピー可)。
●レッスン受講生は、お友達やご家族の聴講をご招待いたします。
●聴講は一日中可能です。
電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-3278-3450
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

音楽留学・音楽講習・語学留学をアンドビジョンがサポート!公開レッスンも開催!

平日 10:00-20:00 土曜 10:00-15:00 祝日 10:00-15:00(3~7月)

03-3278-3450

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター