<募集中> ウラディスラフ・ブロネフェツキー/スペイン・カタルーニャ高等音楽院教授/ピアノ公開レッスン

国: 日本国 都市: 東京都

2018年12月15日(土)、16日(日)スペイン・カタルーニャ高等音楽院ウラディスラフ・ブロネフェツキー教授の特別声楽公開レッスン

ヴィルサラーゼ譲りの音楽への深く 繊細なサプローチと技巧で魅せる!活気に満ち溢れた街バルセロナ。頭上に広がる青空と明るい太陽の光。身も心も自然と開放される空気の中学び突き詰めていく、正統派ロシアン・ピアニズム。

スペイン・カタルーニャ高等音楽院ピアノ科教授のブロネフェツキー(ブロネヴェツキー)は、ロシア・ウラジオストク生まれ。モスクワ中央音楽学校を経て、モスクワ音楽院に進学。ボリス・ベレゾフスキーら、多くの有名ピアニストを育てたカリスマ女流ピアニスト、エリソ・ヴィルサラーゼのもとで学んだ。繊細な解釈と洗練されたテクニック、さまざまなスタイルと時代を盛り込んだ幅広いレパートリーには定評があり、これまでにもロシア国内のほか、ドイツ、オランダ、フィンランド、グルジア、ベラルーシ、オーストリア、イタリア、日本、アメリカ、アンドラ、スペインの各地において、数々のコンサートツアーおよび国際音楽祭に参加。ソロのみならず、オーケストラとの共演、室内楽の分野にも積極的に取り組んでいる。多彩な演奏活動を展開する一方、複数の国際ピアノコンクールで審査員を務めたり、1991年から1996年にかけては、ヴィルサラーゼのアシスタントとして教育活動に携わった経験を持つ。ブロネヴェツキーの生徒たちは皆、有名な国際ピアノコンクールに入賞するなど総じて優秀だが、裏を返せば、彼の発揮する指導力のすばらしさを物語っている。コンクール入賞に必要なのは実力と運。加えて、良き先生との出会い。待つだけでなく、時には自分から出会いを求めて行動することも大事だ。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-3278-3450

さらに読む

■国/都市■
日本国 / 東京都

■ここで、大ニュース!
アンドビジョンでは、2018年12月15日(土)~16日(日)東京にて、ウラディスラフ・ブロネフェツキー教授の特別声楽公開レッスンを再び開講することが決定しました!

日程:2018年12月15日(土)~16日(日)東京

6-8名の限定人数の方だけが教授から直接指導を受けられます(聴講生も随時募集しております)。

スペインに声楽留学を考えている方はもちろん、アメリカやドイツ、フランス、スイスなど海外の留学を考えている方も教授のレッスンは必ず役に立ちます。 留学先を決定する上で、海外の教授のレッスンは一つの目安になることでしょう。また日本の音大の受験前のレッスンにも最適です。

普段プライベートレッスンをほぼ行わないウラディスラフ・ブロネフェツキー教授のレッスンをスペインに行かずに受講できるまたとないチャンスです。ぜひこ の機会をお見逃しないように!

「留学の事前準備」はもとより、「コンクール」、「オーディション」、「技術のレベルアップ」。「音楽性の向上」など今、問題を抱えている多くの問 題を解決してくれるレッスンです!

レッスンはちょっとまだ......という方は、聴講も可能です。自分で演奏するだけでなく、他の人のレッスンを見ることで、学べることは非常に数多くあ ります。事実、ヨーロッパでは多くの学生が聴講を通して勉強しています。他の多くの方の演奏を聴けるチャンスでもあり、いろいろな方のレッスンを通して、 教授の教え方もより理解できることでしょう。声楽科ではない方も海外の授業の雰囲気を味わえますのでお気軽にご参加ください。レッスンスタジオの都合 上、限定人数です。先着順となりますので、迷わず、お早めにお申し込みを。今がチャンスをつかむときです!

海外の教授の教え方は日本とは全く異なります。特に「音楽をもっと楽しむ、表現する」という主眼が強いので教えるポイントも学生によって千差万別です。教 え方のポイントが日本とどのように違うのかを肌で感じるのも、今後、留学やプロを目指している方は大きなポイントではないですか?日本では満足できない方 も、留学を考えるいいきっかけになることでしょう。もちろんご留学を考えていない方の受講も大歓迎です!

■ 受講生・聴講生のの声(一部抜粋)2016年3月参加者様より ■
▽レッスン受講生(A.Kさん)
普段先生から教わることとは違った視点のアドバイスを頂けて、とても勉強になりました。モチベーションが上がりました。

▽レッスン受講生(M.Tさん)
とても勉強になりました。

▽レッスン聴講生(K.Sさん)
ミレイア・ピント先生の素晴らしいお声、表現に感動致しました。受講生一人一人の真剣さと、それに応えられる先生の愛の大きさにも感動し、繊細で大胆、深い集中が必要な事を知りました。

▽レッスン聴講生(M.Yさん)
スペイン歌曲やアリアに興味があるのですが、中々関西で勉強できる機会がなかったので、今日はとても参考になりました。
■ 受講生・聴講生のの声(一部抜粋)2015年3月参加者様より ■
▽レッスン受講生(K.Kさん)
大変勉強になりました。受講で来て本当に良かったです。
レッスンの前に「基礎的な技術から学びたい」と先生に伝えたところ、その点を意識して指導して下さり、その内容が私がまさに求めていたものでした。今回のレッスンをしっかりと復習し、今後につなげていきたいと思います。ありがとうございました。

【特典1】
レッスンを2時間以上受け、先生が実力を認めた受講生には、カタルーニャ高等音楽院への入学が許可されます。
・修士課程(Masteres Degress)
・継続教育特別コース (Continuing Education Training and Specialization Courses)
※通常の入学手続きは必要(願書提出など)
※修士課程は学士資格が必要となります。
※必要要件:公開レッスン2時間以上受講

【特典2】
レッスンを2時間以上受け、先生が実力を認めた受講生には、バルセロナでのコンサート出演権が与えられます。

【特典3】
今回は特別に、レッスンと合わせて、12月22日に開催されるアンドビジョン主催コンサートへの出演ができるプランをご用意しました。出演枠数は限られておりますので、お早めにお申込みください。

≪コンサート詳細≫
日時:12月22日(土)昼公演予定
場所:南麻布セントレアホール
*演奏時間は10分程度を予定しております。曲目は自由です。
*原則ソロでの出演となりますが、2名以上の場合はお問い合わせください。

【募集期間&定員】 先着順6-8名(各日)
【場所】 東京
【曲目】 自由曲(講師用の楽譜をご用意していただきます)
【日程・会場】
2018年12月15日(日)10:00〜19:00
2018年12月16日(日)10:00〜19:00 

スペイン、その他ヨーロッパ留学を考えている方は、日本にいたまま留学のトライアルとなります。ヨーロッパへの留学の可能性を考えてください。

日本にいながら、海外の先生に会えるのはなかなかない大チャンスです!
考えるだけでは、夢の扉は開きません。行動あるのみです。この機会をお見逃しなく!
プロを目指す方は演奏の機会を与えられるチャンスがあります。履歴書に演奏の履歴を書くこともできるのでチャンスは掴んでください。


■受講資格■
熱心なら年齢やレベルを問わずどなたでも受講可能です。
■料金■
▼受講(60分レッスン1回)+コンサート出演
60,000円

▼受講
▽2日コース
Aコース(120分):120,000円
Bコース(90分):90,000円
Cコース(60分):60,000円

▽1日コース
Aコース(120分):60,000円
Bコース(90分):45,000円
Cコース(60分):30,000円

▼聴講
1日聴講券:2,000円
■料金に含むもの■
プライベートレッスン費、聴講料、留学セミナー&カウンセリング費、通訳費、施設費

▼受講+コンサート出演コース選択者
コンサート出演料、コンサートチケット代(5枚分)
■料金に含まないものの一部を明示■
消費税、自由行動中の一切の個人的費用など
■料金・日程補足■
●消費税が別途必要です。
●お申込順に予約時間の確保が可能ですので、お早めのお申込をお勧めいたします。
●事前にレッスン時間の調整をさせていただくことがあります。
■申込締切日■
第一次締切:2018年11月15日 第二次締切:2018年12月1日 第三次締切:定員まで
●申込締切日以前でも、定員になり次第締め切らせていただきます。 ●申込締切日以降でも、コースに空きがある場合は申込み可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。

■注意事項■
●曲目は3週間前までにお知らせください。また、講師用の楽譜をレッスン当日ご持参ください(コピー可)。
●レッスン受講生は、お友達やご家族の聴講をご招待いたします。
●聴講は一日中可能です。
電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-3278-3450
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

音楽留学・音楽講習・語学留学をアンドビジョンがサポート!公開レッスンも開催!

平日 10:00-20:00 土曜 10:00-15:00 祝日 10:00-15:00(3~7月)

03-3278-3450

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター