現代留学事情

〈音楽留学〉という言葉から何を思い浮かべますか? 1年以上の長期に渡り、学位取得やプロを目指し海外の音楽大学や音楽院で外国人の友人と共に勉強する姿、でしょうか? もちろんその〈留学〉が一般的です。しかし最近は、趣味の多様化やニーズの変化に対応して、留学のスタイルもかなり多岐にわたっています。女性誌などでも よく取りあげられている3ヶ月以内の短期留学がひとつの特徴と言えるでしょう。短期留学の参加者は、音大生、音高生、音大卒業生、海外を経験したい音楽講 師、音楽を趣味としている方、小中学生などレベルや年齢を問わず、意欲とほんの少しの実行力があれば、想像以上に簡単に留学できる機会が増えています。そ こで今回は音楽留学の全体像を把握するため、留学のパターンをご紹介します。ご自分に合った音楽留学のスタイルを見つけてみませんか?

海外生活にどっぷり浸る音楽大学・音楽院留学
(1年以上・中級~プロ)

留 学といえばまず思い浮かぶ海外音楽大学、音楽院への進学。入学条件や卒業までの年数は、日本で音楽大学に在籍したか、学部・大学院に行きたいか、どのよう な資格を取得したいかなどの諸条件によって異なります。近年は多くの国や学校で語学力の規定が定められています。また、師事したい先生がいるなら、事前に コンタクトを取っておくことが肝心です。日本と教育制度が異なる国も多く、留学前のきちんとした下調べが重要になります。

気軽に行ける夏期・春期講習・マスタークラス
(1週間程度~2ヶ月程度・初級~プロ)

短 期留学でもっとも定番なものが講習会です。世界的に著名な先生のレッスンを受けられるほか、参加者同士のレッスン聴講やコンサート出演の機会があるのが魅 力です。また音楽を学ぶだけでなく、海外の雰囲気をつかむことも可能です。夏期講習は、規模が大きく選択肢も非常に多岐にわたります。春期講習は、数は少 ないのですが、夏と比べ、航空券も安くヨーロッパの音大受験仕上げとしても活用できます。

時期を選べ、落ちついて受講できるプライベートレッスン
(1週間程度~3ヶ月程度・入門~プロ)
音楽学校や教授陣からプライベートでレッスンを受講します。「講習会だと時期や期間が合わない」「じっくりレッスンをしてもらいたい」「人前でレッスンを 受けるのはちょっと……」など個人のさまざまなニーズに対応できるのがプライベートレッスンです。講習会ではわからない先生の人柄や音楽性・相性もプライ ベートレッスンならしっかりと理解できます。またレッスン内容の自由度も高く、先生と今後の進路相談などができることも大きな特徴でしょう。

語学学校+音学レッスン
(1種間程度~1年程度・入門~プロ)
語学学校に通いながら音楽レッスンを受講します。語学力アップをはかりながら、音楽学校や教授陣のプライベートレッスンを受講します。
さて、ご自分にあった留学スタイルは見つかりましたか? 次項は長期音楽留学の国別特徴をお知らせします。

音楽留学・音楽講習・語学留学をアンドビジョンがサポート!公開レッスンも開催!

平日 10:00-20:00 土曜 10:00-15:00 祝日 10:00-15:00(3~7月)

03-3278-3450

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター